株式会社マスネットワーク

事業承継・M&Aサービス

お客様にとって最良のM&Aを実現させるため、親身にサポート!THE BEST M&A

会計事務所のM&Aサポート

  • 長野県内でのネットワークを活用したマッチング力
  • 全国の各ネットワークと連携しながらのマッチング力
  • 小規模のM&A(売上高1億円以下)
  • 事業承継、相続・財産承継の支援
  • 医療・介護の専門分野への支援

M&Aのケース

1.後継者不在型

親族・社内に後継者がいない場合に、ネットワークを活用してお相手探しをサポート。
後継者がいるケースでも事業承継・財産承継を計画的に解決。(事業承継サポート支援)

2.成長戦略型

業界の将来不安から大手企業と手を組み、若くして会社を売却しその役員として残るケースや、他社を買収して事業拡大を図り会社の成長戦略をサポート。

3.再生型

従業員の雇用継続のため、顧客利用の継続のため、地域経済のために簡単に事業を廃業する訳にいかない。資金繰り等の圧迫により経営改善をしながらお相手探しをサポート。

M&Aの事例

第三者への承継事例①(企画製造販売業✖総合商社)

売り手:A社

業種:企画製造販売

動機:後継者問題

買い手:B社

業種:総合商社

動機:事業の拡大

結果→100%の株式譲渡

【売り手のメリット】

  • 後継者問題の解決
  • 信用力拡大、資金力増強
  • 販路拡大

【買い手のメリット】

  • 新規商材・商圏の獲得におけるクロスセリング
  • 商品企画ノウハウの獲得
  • 事業の原点回帰
案件の論点
  1. コンサルタントに後継者教育を依頼し、社内承継を目指していたが、社長の納得する後継者が育たなかった。
  2. 毎期、安定的に収益が計上され、企業価値と同時に相続税評価額も上がっていた。
  3. 規模拡大の検討していたが、引継ぎリスクを考え、打ってでることに躊躇していた。
案件のその後
  1. 実務担当として来た方が社長の業務を引き継いでいる。A社長は予定より早く引継を完了させた。
  2. 業績は、前年より増収増益で推移している。
  3. 大手企業と一緒になったため、給与・福利厚生面が今まで以上の条件になっている。

第三者への承継事例②(医業✖医業)

売り手:R診療所(長野県)

業種:内科診療所(医療法人)

動機:R院長70歳 後継者不在

買い手:T医師(長野県)

業種:医師

動機:独立開業

結果→100%の出資持分譲渡

【売り手のメリット】

  • 後継者問題の解決
  • ハッピーリタイアの実現
  • 地域医療の継続

【買い手のメリット】

  • 新規開業リスクの軽減
  • 看護師・医療事務スタッフの確保
  • 患者の引継
成約案件のその後
  1. R院長は、譲渡によって得られた資金を元手に、夢であったへき地医療に取り組んでいる。
  2. R診療所の名称はそのままに、引き続き地域での責任を果たしている。
  3. R診療所の従業員とは個別面談を行い、労働条件の変更や本人の希望を聞く機会を設け、ほとんどのスタッフは継続して雇用されることとなった。

M&Aの流れ

M&Aの流れ 図

M&Aまでの流れ

※株式会社マスネットワークは事業引き継ぎ支援センターの認定支援機関です。

日本M&センター

ページのトップへ